持っているデータが大量になって管理が難しくなったときに

知っておきたいパソコントラブル対処法

ERPパッケージの利用

ERPパッケージ、進化してきました。

ERPパッケージは、それが登場した初期段階においては顧客企業のシステムとの連携が上手に上手くいかず、投資に見合ったパフォーマンスを実行できないことが当たり前だったことがあります。ERPパッケージ自体に欠陥があり、顧客企業が利用する給与とか人事・製造データ等の情報を処理する能力が低かったといわざるを得ないです。 ERPパッケージは、現在では顧客のプランに合わせて大容量のデータを一括で処理できるのが当たり前になってきています。ERPパッケージは歴史とともにプログラムが最適化され、導入後はあまりメンテナンスが必要ないほどになってきたのです。 ERPパッケージにおいては、特にデータベースの機能が強化されたということが歴史的に大きい意味をもっています。

ERPパッケージとシェアード・サービス

ERPパッケージの導入分野として、どのようなものがあるでしょうか。例えば、このERPパッケージの導入と関連して、Shared Serviceという概念があります。これは、総務、経理、人事といったような間接部門を、全社の組織でShareするサービスを提供する部門として、再構築しようという動向です。 従来、大企業においては、各部門や地域にこのような間接業務部門があったり、子会社にはまた別の組織があったりしましたが、これらを統一して間接部門の効率化を図ろうということです。 そして、その際のキー・ツールとして期待されているのが、ERPパッケージということになります。つまり、これらの間接部門をShared Serviceとして統一するためには、ERPパッケージを導入してITシステムを統一しなければならないわけです。